貧乏貧脚ロードレーサーのチャレンジ日記

札幌在住、妻子もちの33歳貧乏貧脚ロード乗り。愛車→メリダライド80(改)。2017年出場レース→7月ニセコクラシック(70km)300人/198位。8月ニセコhanazonoヒルクライム

36km地点~55km給水ポイントまで

今回レースをともにした補給食。


f:id:kenta1818:20170712062805j:image

左から

ウイダーインタブレット

スポーツキャンディ(アミノ酸)

スポーツキャンディ(BCAA)

パワーバージェルレモン(現地調達)

ザバスピットイン

井村屋スポーツ羊羹+ 

 

多すぎ!っと思っていたけど備いあればなんちゃらの精神で。

 

 

ではレースの続きを↓



ここまでタブレットやキャンディを摂取。

これから始まる第2の登りの為に食系は残しておいた。

 

f:id:kenta1818:20170712121702j:image

400up 、10kmの登り(^-^;)

 

登り出してすぐに8人がバラける。

自分の前に2人行って、後方にズルズルと4人が後退。

 

1km位登ってスポーツ羊羹+を半分摂取して水で流し込む。

時速10~12km/h、勿論インナーローの90rpm位(やったかな)で淡々と進む。

 

何キロ地点か忘れたけど後ろからバイクが追い越して行った。

キープレフトと叫びながら。

・・・・・140km組が来る。

そう思った数分にコミッセールカー(多分)を先頭にその後ろから選手が数人続く。

自分の真横を自分の倍くらいのスピードで駆け上がって行く。

すれ違った瞬間わかった。

「・・・・・高○さんや・・・・・」

先頭はスーパーホビーレーサーの方でした。

背中を見てたら鳥肌が立って来た。すんごい走りを今みてるんやと・・・


そう思ってたらあっと言う間に見えなくなる。

その数分後に苦しそうにポジションを下げまいと必死に回す選手がぽつりと

「つ、強い」と私に向かって言ったきた。

その人でさえ私よりもはるかに速い速度で駆け上がってたが次元が違うみたいやった。

そんな出来事をポカンと観てたら何か元気になった気がした。

 

再び淡々と登る。

何やら腰に違和感がでてきたぞ。

無視して回す。いや、回すしかないのだ。

 

登りだして5キロ位やろうか。途中今度はパワーバージェルを摂取してみる。これ飲んで水飲まないと喉でつっかえる。

2/3ほど飲んで少ししたら体が軽くなった。

流石に高価なだけあるわ。

次の登りの為の1/3残しておこう。

 

流石に苦しい。

なので色々な人に話しかけて気を紛らわす。

 

そうこうしてやっと登りが終了。

ここからは一気に給水ポイント(55キロ地点)まで下り。

時速55km/h位で進む。

140km組の10人位のグループが

すんげースピードで追い越していった。

何キロでとんねん。怖くないんかな(^-^;)

 

下りはあっという間。

給水ポイントで500mリットル一本貰う。

けどこれじゃ絶対足りひんと判断、

「もう一本水くれぃぃ」っと叫んでもう一本貰う。


飲んでみる。温い・・・

が仕方ない。

残ったボトルの水でモモにぶっかけて捨てる。

 

さぁ、第3の登りや。

 

 

 

 

続く